<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お正月のハンドメイド羽子板作り。 | main | ひいおばあちゃんからの贈り物のご依頼です。 >>

12月の工房から

0

    年末になって新年をめがけて羽子板や貝合わせの制作依頼が来ています。この羽子板は、ひめ羽子板といって通常より少しだけ小さめで、寛永雛の桐箱に収まる事もあって、両方(寛永雛とひめ羽子板)の制作依頼がありました。年内にお届け予定です。

    ひめ羽子板に描いた源氏物語「少女」

     

    このスケッチは、ある企業様の得意先に送るための貝合わせを、飾り付けも含めて考えてほしいという事で、まずこのスケッチを描いてみました。黒い台に正絹を赤く染めた物を敷いて、その上に12cmの貝合わせを置いて飾り付けを行う。という演出です。

    黒いお盆の上に貝合わせを置いたスケッチ

    早速これを先方の方にお送りして、OKがでれば貝合わせの制作、敷き布の制作にかかります。お互いのイメージをこうしたスケッチでやりとりするのも楽しい物です。

    藤原了児 * 日頃のこと * 11:52 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ