<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 筑紫次郎「筑後川」をカヌーで下りました。 | main | 山の夏休み >>

子ども達の夏休み

0

    ずいぶんと暑い日が続きます。ここ九州の大分ももう20日間ほど暑さが続いています。連日のニュースを見ていると猛暑続きの地方都市に豊後大野市、犬飼がベスト5あたりに入っていますが、昨日はその犬飼町の大野川で私が主催しているジュニアカヌー教室(子ども達に5ヶ月にわたりカヌーを楽しんでもらう講習会)の最終回の5回目を行いました。

    大野川での水遊び

    この講習会を始めたきっかけは、毎年夏休みに1日だけのカヌー体験を行っていましたがこれだけでは飽き足らない子ども達が出てきて、もっと時間をかけて水遊びを楽しみたい。カヌーをしっかりとしたい。子供や父兄の希望もあり5回にわたってカヌー講習会を行うようになりました。ただ、いつもやっている川が静水といって流れが全くない広い川(海に近い)のために、流れの刺激がないので5回目だけはこの豊後大野市の大野川で開催しています。

    P1130085.JPG

     

    ただ、この川に来る前の4回はしっかりと漕ぎ方の基本を教えているので、「はい、こっちに来て」と言えば何の抵抗もなく川の流れに逆らって登ってきます。そして、「はい、この流れに入ってごらん」と言えばこうして抵抗なく入ります。

    P1070391.JPG

     

    もちろん中には転覆しますが、これもすでに練習済み。パドルとカヌーを押していって川岸で水を抜き、再び乗って上がってきます。

    P1130090.JPG

    見ていて感じたことは、これまでに4回教えたことを体の中に吸収していて、水を見ると体が自然に反応しているようです。

     

     

    藤原了児 * カヌーのこと * 16:56 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ