<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大きくても小さいお雛様セットです。 | main | 年末の羽子板作り。 >>

注文製作です。

0

    この時期になると様々な注文製作が飛び込んできます。

    下の写真は、以前羽子板を注文された方が、電話で「左義長踊りを貝合わせにして下さい」という御注文が有り調べてみると、「左義長」とは、もともと宮中で正月15日に行われていた厄払いの火祭りのことらしく。地方ではこれが「トンド焼き」として九州の各地でも行われていました。

    しかし、この方は、「踊ったりしている姿を入れて、、、」とおっしゃるので一方に清涼殿に座ったお公家たち、一方に厄を払う為に躍る陰陽師を入れたスケッチを送り、これでokが出たので、下のような大きさ8cmのハマグリに金箔を張った上から、手描きで仕上げて、送ろうと思います。

    左義長貝合わせのご注文

     

    もう一方の写真は、久しぶりに御注文を受けた「寛永の華」というみかわ工房では、最高ランクに位置づけされるお雛様セットで、

    「寛永の華」に使う羽子板と貝合わせの下地

    手描き彩色の羽子板と貝合わせセットが付き、寛永雛という雛人形セットに几帳(宮中で使われていた間仕切り)を付けています。

    これも年内に仕上げたいところですが、さすがに期日が迫ってきました。

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:妊娠・出産・育児準備

    藤原了児 * 貝合わせのこと * 11:55 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ